天下一(てんがいち)

 

茶畑で刈り取られたお茶の葉が緑茶として仕上げられるまでの数々の工程の

中に「火入れ」という大切な加工の工程があります。「火入れ」によって

茶葉の水分がとび、品質の劣化が防げるのはもちろん、甘さを感じさせる

特有の焙煎香(「火入れ香」」といいます)が生まれ、飲んだ後に爽やかな

清涼感を残します。茶専門店のお茶と自家栽培のお茶との違いはこの

「火入れ香」の有無であるといってもよいでしょう。一般に、上級の

お茶は高温で火入れすると若葉の持つ爽やかな香りが少なくなり、

お茶の色が悪くなるなどのデメリットがあるため、業界では弱火での

火入れが常識なのですが、あえて強火で「火入れ」をするのが「かねき流」。

かねきの独自ブレンドと強火仕上げのコンビネーションで伊勢茶の

「コク・うまみ・香り」を引き出します。

天下一」は小社五代目茶師が作り出したかねきを代表する煎茶です。

是非かねきの味を体験してみてください。