秋番茶

 

「番茶」というと、ほうじ茶のことを思い浮かべる方も多いですが、

三重県では「番茶」は秋口に刈り取ったお茶のことをさします。

「秋番(あきばん)」と呼び、伊勢の地で昔から飲まれ続けてきた

日常のお茶です。

 

カフェインが少なく、さっぱりしてやさしい味わいの緑茶で、カテキン

も含まれていますので、お子様の水分補給に毎日たっぷり用意して

あげたいお茶です。

 

やかん(2リットル)でたっぷり作るなら、かるくひとつかみの茶葉を

沸騰したやかんの中に入れて5秒ほど沸かします。すぐにやかんごと水で

冷やせばきれいな緑色のお茶ができます。急須で淹れる時は熱湯を注いで

ください。秋番茶は時を経ると熟成し、味わいが増します。気軽に常備して

おけるのも魅力です。