関の天然玉露


「関の天然玉露」は三重県から滋賀県の県境へと続く鈴鹿峠の周辺で

採れたお茶です。古来よりこの辺りは上質茶の産地であり、特に関町沓掛の

茶畑は、峠のふもと、日照時間が短く、朝霧の出る土地柄なので、茶芽が

直接日光にあたる時間が限られます。このため、人工的に日光を遮って

つくる「玉露」のような風味が自然と茶芽に蓄えられたお茶となります。

 

一般に、新芽が芽吹いてすぐに摘み取る高級茶の代表「玉露」は、

テアニンやグルタミン酸といった旨み成分の味が際立つお茶ですが、

「関の天然玉露」はじっくりと茶芽が伸びるのを待ってから刈り取った

お茶なので、際立った甘さはありません。刺激味がなく、独特の深みの

ある青海苔のような香りが特徴です。

 

淹れかたは煎茶を淹れる要領でOKです。

 

戻る