伊勢茶問屋  かねき伊藤彦市商店

ISE-CHA  伊勢茶

歴史ある日本の茶

 

三重県のお茶

 

伊勢茶

 

三重県ではすでに1100年ほど前には

お茶が伝わっていたようであり、お茶の

栽培は800年ほど前の鎌倉時代初期に

始まったとされます。室町時代の書物

異制庭訓往来には伊勢國のお茶は

京都の宇治と並んで「銘茶」(品質が

良く有名なお茶のこと) と記されている

そうです。江戸時代には、伊勢國の茶

伊勢茶として江戸をはじめ東北地方

まで販売され、幕末から明治時代には

アメリカに盛んに輸出されていました。

 

参考文献:「伊勢茶の歴史」2018年  高瀬孝二  著